【じめじめした仏滅の夕方は昔を思い出す】

知る由もない悟り
TOP PAGE >

どしゃ降りの休日の朝にゆっくりと

ひとり暮らしの時、体の状態が悪い上に、偏食と、睡眠の内容が変だったので、シミが激増した。
改善したいと思い、生活リズムを整え、健康にいい事をやろうと情報収集をした。
そこで推進されたのが、アセロラジュースだ。
いまだにしょっちゅう飲んでいる。
れもんよりもビタミンCが豊富に摂れると言う話だった。
健康と美肌はやっぱり食事から出来上がるのかもしれない。

熱中して体操する先生と紅葉の山
営業用でいくつかスーツに似合うYシャツを持っているけれど、絶対購入するときに何枚も試着してしまう。
それだけ、シャツのかたちに執着するのも珍しいと思い込んでいた。
しかし、先日、シャツはオーダーでという方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
もちろん、ワイシャツひとつできまって見えるので、いいかもと考えた。

前のめりでダンスする友人とぬるいビール

宿泊に行きたくて思い焦がれていた地域、それは静岡県の真鶴だ。
この地を知ったのは「真鶴」という題名の川上弘美さんの文庫本。
残念ながら、自分の未完成な感覚では、現在でも深い感心はしていない。
しかし、出てくる真鶴岬の様子が大好きで、まだ見ぬ地に憧れていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の真ん中にある真鶴半島。
先が真鶴岬。
真鶴岬の先、海面から見えているのは三ツ岩という大きな岩が3つ。
真ん中の石の上には鳥居があって、海水が引くと歩いて向かえる。
思いかなって、実際のこの風景を見ることができた。
私のキャノンの一眼の中には、この景色がたくさん。
小さな宿のお姉さんに、真鶴が好きだと言うと、喜んでくれた。

悲しそうに自転車をこぐ彼女と月夜
服屋さんって絶対勤まらないなど思うのは自分だけだろうか。
勤務中、完璧にコーディネイトしないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、外で仕事する時はスーツを着ればOKだし、化粧もしてればそれでよし。
お出かけの時は、自分がお気に入りの服装を選べばいいし、自宅で働くときはTシャツにジーンズでできる。
だから、きっと、服を売るなんて商売には、関われない。
服を買おうとしていると、店員さんが話しかけてきてファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
私はどうしてもそれに怖くなり、買わずに逃げ出してしまう。
こういった部分も、店員さんって出来なさそうと思う事の大きな理由の一つだ。

雲が多い大安の昼にカクテルを

息子の3歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントをどういったものにするかを迷っている。
嫁と話して、体で遊ぶアスレチック系か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
悩んでなかなか決まらないので、実際に見て選ぶことにしたけど、これだというものがない。
しかし、子供に遊ばせてみたら、以外とあっさりと決まった。
秘密基地というおもちゃに一生懸命だったから、これに決めた。
ただ、私たちの家が小さいので、小さめのコンパクトなものに話して決めた。
販売価格もわりと安かったので、助かった。

気分良く歌うあなたと電子レンジ
ここ何年か、小説を読まなくなった。
学生の頃は、毎日読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、読む時間をとりにくい。
もし時間があっても、ゆっくりと小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、読んでいてもおもしろく感じられない。
だけれど、ものすごくはまってしまう小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次世代の光っている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学だからと無理やり難しい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いからさびしい。

怒って熱弁する子供と読みかけの本

今更ながら、ニンテンドーDSに虜にされている。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語関係のゲームソフトを使用していたのみであった。
だけど、ヨドバシでソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、気に入るとすぐに購入してしまう。
絵心講座や、リズム天国、桃太郎電鉄など。
旅行に役立つ、トラベルシリーズも売れているらしい。
これだけあれば、待ち合わせなどの、少しの時間にも活用できそうだ。

陽の見えない火曜の夕暮れに目を閉じて
花火の時期なのに、しかし、今住んでいる位置が、行楽地で毎週末、打ち上げ花火が上がっているので、もはや嫌になってしまって、新鮮さもなくなった。
土曜日に、打ち上げ花火をあげているので、抗議もわんさかあるらしい。
自分の、住居でもドンという花火の音が大きすぎてひとり娘が怖がって涙を流している。
夏に一回ならいいが、夏の間、毎週末、一時間近くも大きな音が鳴り続けていては、むかつく。
早く花火が上がらなくなればいいのにと思う。

気持ち良さそうに体操する弟と飛行機雲

今更ながら、中学生のころから高校卒業まで、心から学ぶという事をしてこなかった。
友人が向上心を持って取り組んでいても、自身は宿題として出された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
なぜか、大学に入ってから自分の興味のある分野の勉強に変わると、知識がするりと入ってくるようになった。
ついに、就職をして、見習い期間を経て実際の業務になると、どうしても好き嫌い関わらず勉強せざるを得なくなった。
疲れたなんて思う時間もなく、ひたすら知識を取り入れる数年が続いた。
学習続きの期間をしばらく体験すると、今度は学校時代に真面目にしなかった学習を見直したいと考えるようになった。
そして、同じように言っている人が周りにたくさんいる。

自信を持って踊る兄弟と壊れた自動販売機
「嫌われ松の子一生」というTBSドラマが放送されていましたが、好きだった人も多いと思います。
実際に、ドラマは見なかったけれど、女優の中谷美紀主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが不運な境遇にいながらも、心まで貧しくなりません。
松子以外から見れば、かわいそうな人かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
とても尊敬を感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
という、訳の分からない状態に陥っていた当時の私は、観賞中、悩みなんか忘れていました。
とても、面白い映画なので、見てみてください。
あと、中谷美紀は、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、理容師でも、やっぱり綺麗でした。

サイトカテゴリ

ただいまの時刻


サイトカテゴリ


テレビのインタビューなどで、「うどん」について尋ねられたら、あなたはどんなことを返答する?「感動」は、人によって印象が違うかもしれない。

Copyright (C) 2015 知る由もない悟り All Rights Reserved.

ページの先頭へ