【勢いで口笛を吹く子供と壊れた自動販売機】

知る由もない悟り
TOP PAGE >

喜んで泳ぐ彼女と枯れた森

ネットでニュースをいつも眺めるけれど、新聞を読むこともけっこう好きだった。
現在は、ただで見れるインターネットニュースが多くあるので、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間でたくさんの内容を得ることができていたけれど、ネットのほうが関わりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースからつながりのある深いところを調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国のデフォルトになってしまうかもという話題が気になる。
デフォルトになるわけないと普通は思うけれど、仮になったら、どの国ももちろん影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

どんよりした水曜の夜に散歩を
深夜、眠りに入れないときに、借りてきたDVDを起き上がって見ることがある。
この前見たDVDは、エスターというタイトルの米国のシネマだ。
主役の、エスターは、賢いけれどちょっと個性的な9歳の少女。
終わりに驚くべき結末が見られる。
それを観賞の半ばで、結末が分かる人がいるのか疑問なくらい予想外の真実。
結果は、ドキッとさせるわけでもなく、ただただゾッとするような結果だった。
DVDは、常に私の夜の時を濃い物にしてくれる。
とは言うものの、いつもミリンダだったりお酒だったりもそろっているので、体重が上昇するのが良くない。

ノリノリで口笛を吹く姉妹と僕

太宰の人間失格を読破して、主役の葉ちゃんの感情も理解できるな〜と思った。
彼は生きる上で誰でも持っている価値観を、多く持ち合わせている。
そういった部分を、内側に秘めないで、酒だったり異性だったりで解消する。
物語の終盤で、行きつけのバーのママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
その部分で、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、必ず悲しくなってしまう。

息絶え絶えで自転車をこぐ兄さんと擦り切れたミサンガ
暑い季節は生ビールがすごくおいしいけれど、近頃そんなに飲まなくなった。
学生の頃は、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌朝にアルコールが残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった頃はめっちゃあこがれ、行くのがものすごく楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌になるほど行って、俺の中では、現在、印象が悪い。
しかし、取引会社との付き合いの関わりで非常に久しぶりにビアガーデンに行った。
たいそう久しぶりにおいしかったのだけれども、調子にのってものすごくアルコールを飲みすぎて、やっぱり、次の日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

雲の無い水曜の午後に外へ

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手なので、不機嫌そうに体操服を着ていた。
今日はきっと、運動神経のいいケンイチ君の活躍が目だつはずだ。
今日はおそらく、運動神経抜群のケンイチ君ばかり活躍するだろう。
そうなると、少年の愛しいフーコちゃんは、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は「やれやれ」と言いながら、運動場へ向かった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のことを何度も見ていたのを、少年は気がつかなかった。

自信を持って叫ぶ弟と公園の噴水
実行させたら、完成させるまでに時間がかかるものは、身の回りにたくさんある。
やはり、外国語だ。
と思っていたが、お隣の韓国の言葉は、例外的で、私たちが話す日本語と語順が同じ、SVOで、その上に音が似ているので、習得しやすいそうだ。
しっかり韓国語を勉強していた明日香ちゃんは、英語を勉強するより割と習得しやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
少しだけ憧れたけれどやっぱりハングルは絵にしか思えない。

気どりながら熱弁する母さんとアスファルトの匂い

友人のボーイフレンドが梅干し屋さんらしい。
博多に本部があり香港に支社もあり、関西の方にファクトリーがある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだグループで訪問販売をするらしい。
飲みながら、これを聞くと、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言うと、あ!あるよ〜!と出してくれた。
この子と食べた梅干しが、今まででベストに美味しかった。
ここで、早速梅干しをオーダーしてしまった。

蒸し暑い月曜の晩に散歩を
タリーズコーヒーでも、マックカフェでもさまざまな場所で美味しいコーヒーを飲める。
もちろん、部屋でインスタントを入れても手軽だし、自動販売機で買う缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
全席ノースモーキングと言うのは、タバコの無理な私にとってありがたい。
そのため、コーヒーの匂いを堪能できる。
金額もそこそこだが、美味しい豆が使われているのでグルメにはたまらないと思う。
甘党の人は入るたびにコーヒーと、つられてスイーツなど注文してしまうという落とし穴もある。

余裕で体操する子供と失くしたストラップ

名高いお寺さまであろう、斑鳩寺、つまり法隆寺へ向かった。
法隆寺独特だという伽藍配置も思う存分見せてもらって、立派な五重塔、講堂も見せてもらった。
博物館で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも少しだけ小さかった。
法隆寺に関して勉強するには思いのほか、非常に多くの時を必要とするのではないかとみている。

余裕で体操する友達と飛行機雲
とある変わった仕事があったとき「まあ、なんとかなる」などと思っていた社会人になりたての自分。
その時、私たち新米のみんなが「終わってみたら意外に簡単だったりして」と深く考えずに取り組んでいた。
そしたら教育専門の女性が発した言葉が心に残っている。
「目標に向かって、頑張って準備を進めたからこそ、業務終了後になんてことなかっただけ。
なので、この状況のように軽くとらえていて、運よく業務が大したことなかったという意味は含まれていません。
過ぎれば簡単だったと言う本当の意味は、正反対です。
甘く見ずにじゅうぶん学び準備をしたからこそ、能力が有り余って、仕事が円滑に進んだと言う事実を表しています。
じゅうぶんその気になれましたか?
なめていないで真剣に取り組んでください。」
という事だった。
その後、新入社員一同必死に取り組みなんとか収めきることができた。

サイトカテゴリ

ただいまの時刻


サイトカテゴリ


雑誌とかのアンケートなどで、「使命」について聞かれたら、アナタはなんて言う?「庭師」は、人それぞれで受け止め方が違うかもしれないね。

Copyright (C) 2015 知る由もない悟り All Rights Reserved.

ページの先頭へ